鎌ヶ谷大仏駅周辺でおすすめのスポットは、船橋新京成バス鎌ヶ谷営業所のすぐ近くに建立されている『鎌ヶ谷大仏』です。高さ1.80m、全長2.30mほどの大きさの大仏で、地元民からは『鎌ヶ谷ミニ仏』の愛称で親しまれています。鎌ヶ谷大仏は、1776年11月鎌ヶ谷在住の福田文右エ門が、江戸神田の鋳物職人多川主膳を呼んで作らせたものです。派手好きであった文右エ門は、大仏がある場所から自宅に向かうまでの道のりに琉球ござを敷き、人々をもてなしたと言い伝えられています。現在では鎌ヶ谷のシンボルとなっており、行楽シーズンの呼び込みポスターにも登場したことがあります。そのほか、『八幡神社』があり、『鎌ヶ谷八幡神社』や『鎌ヶ谷八幡宮』などと呼ばれています。新京成線鎌ヶ谷大仏駅から歩いて1分程度の場所にあり、正面の道路向かいに鎌ヶ谷大仏が建立されています。

ログイン

パスワードをお忘れの方

登録されたメールアドレスへ
仮パスワードを送信しました。

再ログイン後、MYページでパスワードの再設定を行ってください。

入力されたメールアドレスへ
サロン情報を送信しました。