桶川では『べに花の郷づくり事業』を行っており、その事業に関連してまつりが開催されています。また、べに花ふるさと館やべに花摘み取り園を観光地として展開しています。桶川駅周辺は江戸時代に桶川宿という宿場町として栄えていました。桶川宿では紅花が盛んに栽培されていて、その生産量は全国でも一、二を争うほどと言われています。桶川にとって重要な役割を果たした紅花を現代に再生し、まちのシンボルにしようと取り組まれているのです。べに花ふるさと館の建物は古い農家の住居を改装したもので、そこでは桶川で栽培された材料から作られた手打ちうどんを食べることができたり、骨董品市が開かれていたり、フリーマーケットが開かれていることもあります。ほかにも桶川の歴史を学ぶことができる歴史民俗資料館もあり、文化を大切に守り育てる桶川を見ることができます。

ログイン

パスワードをお忘れの方

登録されたメールアドレスへ
仮パスワードを送信しました。

再ログイン後、MYページでパスワードの再設定を行ってください。

入力されたメールアドレスへ
サロン情報を送信しました。