新河岸駅の東側には、その名も『新河岸川』という川が流れています。江戸時代、この新河岸川は江戸と川越を行き来する資材を運ぶために利用されたといわれ、隣駅である川越駅からほど近い『仙波東照宮』で火災が起きた際に、新河岸川を利用して再建資材を運んだことが、新河岸川の舟運の始まりと伝えられています。当駅からおよそ徒歩10分の距離にある『旭橋』には、その時代の船着き場であった『新河岸川河岸場』跡として石碑が置かれ、当時の船問屋の面影を見ることができます。現在まで川越が“小江戸”と呼ばれるまでに発展したのは、この新河岸川での人や物の流通が背景にあったとされることから、現在も貴重な史跡としてその景観を遺しています。また川越氷川神社裏手付近の新河岸川沿いには、別名『誉桜』と呼ばれる桜並木が存在し、500メートルほどに渡って咲き乱れるソメイヨシノに毎年多くの人々が魅了される人気スポットとなっています。

ログイン

パスワードをお忘れの方

登録されたメールアドレスへ
仮パスワードを送信しました。

再ログイン後、MYページでパスワードの再設定を行ってください。

入力されたメールアドレスへ
サロン情報を送信しました。