JR東日本と都営地下鉄の2路線が交わる浅草橋駅は利用客が非常に多く、日夜通勤、通学の人々で賑わっています。また、隅田川が近くにあるため隅田川花火大会では多くの人が集まります。神田川には駅名の由来となった『浅草橋』や神田川に架かる最後の橋となった『柳橋』などいくつかの橋があるのも特徴的です。東口周辺には『久月』などの有名な人形問屋や模型メーカーなどがあり衣料品などの問屋街にもなっています。南側の柳橋には花柳会という芸妓屋や遊女が集まる区域がありましたが、現在は屋形船の発着所になっています。北側は毎日新聞の発祥の地とされている旧茅町もあります。下町らしく古くからの住宅も多く残っている浅草橋には住人や子どもも多く、区立中学校や都立高校、日本橋女学館中学校・高等学校などの教育機関も存在しています。靖国通りも通っており交通の便もよい地域です。路線バスや循環バスも通り、人々の生活を支えています。

ログイン

パスワードをお忘れの方

登録されたメールアドレスへ
仮パスワードを送信しました。

再ログイン後、MYページでパスワードの再設定を行ってください。

入力されたメールアドレスへ
サロン情報を送信しました。