大山駅周辺はもともとは江戸時代に中山道(現国道17号線)と川越街道の分岐点として発達したところです。現在は環状6号線と川越街道が交わる交通量の多いエリアですが、一本内側に入るととても静かな環境になっています。川越街道を挟んだところには大学医学部と都内で有数の大学病院があり、環状6号線の東側には区役所もあるという住環境です。都内の副都心である池袋にも近く、サンシャイン60を始めとした池袋東口や西口の繁華街まではわずかな距離で行くことができます。東に行くと飛鳥山公園があります。江戸時代に上野に集中していた桜見物の場所を分散させる目的で整地された土地には多くのソメイヨシノのほか、梅雨には紫陽花が咲き乱れています。明治時代には日本で最初の公園として上野公園などと同時に制定された公園でもあります。公園近くには紙の博物館や渋沢資料館、飛鳥山博物館などもあり都民の憩いの場となっています。

ログイン

パスワードをお忘れの方

登録されたメールアドレスへ
仮パスワードを送信しました。

再ログイン後、MYページでパスワードの再設定を行ってください。

入力されたメールアドレスへ
サロン情報を送信しました。