清瀬駅は大正13年に開設され、西武池袋線沿線の中でも利用客の多い駅です。南口には昔ながらの商店街が軒を連ね、活気を見せ栄えています。一方で北口は平成7年頃より再開発され、新しい商業ゾーンとして機能しています。農地が市域の4割を占める清瀬は、水と緑に恵まれた豊かな自然環境を持っています。特にニンジンが都内の出荷額の約半数を占め、『にんじんジャム』や『にんじん焼酎』といった特産品があります。また多くの医療施設・福祉施設・研究機関があるため『医療の街』とも呼ばれています。春にはカタクリとサクラが見ごろを迎え、カタクリまつりとサクラまつりが開催されます。夏にはアジサイとヒマワリ、秋にはヒガンバナ、冬にはニホンスイセンが群れ咲きます。特に夏のヒマワリは、2万4千平方メートルという広大な農地に、約10万本のひまわりを咲かせる『ひまわりフェスティバル』が開催され、人々の目を楽しませます。

ログイン

パスワードをお忘れの方

登録されたメールアドレスへ
仮パスワードを送信しました。

再ログイン後、MYページでパスワードの再設定を行ってください。

入力されたメールアドレスへ
サロン情報を送信しました。