芦花公園駅周辺には、『蘆花恒春園』、『世田谷文学館』といった文学にかかわりの深いスポットがあります。『蘆花恒春園』は、小説『不如帰(ほととぎす)』で知られる明治の文豪・徳富 蘆花(とくとみ ろか)の旧宅周辺を公園としたもので、『芦花公園』とも呼ばれています。この公園が、芦花公園駅の名前の由来になっています。旧・徳富蘆花邸内は記念館になっており、晩年の蘆花の晴耕雨読の生活を垣間見ることができます。周辺には蘆花が植えたとされる竹林がうっそうと茂っています。『世田谷文学館』は、世田谷にゆかりのある文学者や芸術家が多いことから設立されました。さまざまな展示や企画を行っているほか、世田谷区にゆかりのある書物などを多く所蔵するライブラリーもあります。『芦花公園商店街』は、レトロな雰囲気の店舗が多い商店街です。商店街での大きなイベントとして『芦花まつり』があり、毎年4,5万人もの人々でにぎわっています。

ログイン

パスワードをお忘れの方

登録されたメールアドレスへ
仮パスワードを送信しました。

再ログイン後、MYページでパスワードの再設定を行ってください。

入力されたメールアドレスへ
サロン情報を送信しました。