ミュージカル・映画・テレビドラマと様々なメディア展開をした人気小説『地下鉄に乗って』の舞台のひとつとなったのが新中野駅です。主人公の実家が新中野駅の近くにあるという設定になっていて、実際に散策しながら主人公の暮らしに思いを馳せることができます。同小説にも登場する『鍋屋横丁』は、新中野駅からほど近くにある、南北に走る商店街です。青梅街道から横丁に入るときには『鍋屋』という名の茶店が目印となったことから、『鍋屋横丁』と呼ばれるようになりました。江戸時代には『妙法寺』の参道として、明治時代からは中野駅と青梅街道を繋ぐ道として栄えた歴史を持っています。8月の第1土曜日と日曜日にお祭りが開催され、大勢の来場者で賑わいを見せています。新中野駅の西側、中野通りとの交差点には『杉山公園』があります。こじんまりとした公園ながら大きな木があり、夏祭りなど様々な催し物が開催されています。

ログイン

パスワードをお忘れの方

登録されたメールアドレスへ
仮パスワードを送信しました。

再ログイン後、MYページでパスワードの再設定を行ってください。

入力されたメールアドレスへ
サロン情報を送信しました。