清澄白河駅付近はレトロな建物と近代的な高層マンションが混在する町です。隅田川の流れを汲み、水辺に近い土地柄で木場のなごりを残す木場公園などがあります。またかつて運河だった場所が埋め立てられてできた仙台堀川などがあり、散歩や散策に最適なスポットになっています。大きな園庭や美術館・資料館なども多く、駅名にもなっている清澄庭園は、岩崎弥太郎が造成した明治を代表する庭園です。東京都現代美術館は約4,700点の現代作品を収蔵している現代アートの美術館です。それとは対照的に深川江戸資料館の展示室では、江戸時代の深川の町を再現し年中行事や季節感あふれる江戸の生活が体感することができます。松尾芭蕉の草庵がこの地にあったことから句碑や像があります。1917年に芭蕉遺愛の石の蛙と伝えられるものが出土した池を『芭蕉翁古池の跡』とし、芭蕉ゆかりの地に芭蕉記念館が開館しました。

ログイン

パスワードをお忘れの方

登録されたメールアドレスへ
仮パスワードを送信しました。

再ログイン後、MYページでパスワードの再設定を行ってください。

入力されたメールアドレスへ
サロン情報を送信しました。